取って安心!WEB系資格

プログラムによる自動的な処理では、人間性までチェックすることは不可能です。
記事を検索

人間性のチェック

先程の項目では、アフィリエイトサイトなどのITに関係するタイプのホームページにおける会員登録やログインの画面処理をプログラムによる自動処理ではなく、実際に人間による手動の処理にしたケースについて検証を進めてみました。
この項目では、引き続き同じ内容について文章の記述や物事の確認の記述を施してみたいと思います。
前項では、会員登録情報や個人情報を手動で処理したり肉眼で確認するという行為は審査などが必要なケースでは大いに有効である。
という内容について記述してみました。
つまり、どのような立場かつどのような経歴の人でもホームページに登録が可能な場合やログイン可能なケースではプログラムによる自動登録や処理でも十分であるということです。
ところが、求人サイトなどを通じて特定の企業などにメールを送るケースなどに着目してみると(このケースやパターンは、会員登録やログインという内容ではありませんが…)、当然採用する人物の個人情報や経歴・資格(今回のテーマに則ればweb系の資格?)などの詳細情報を雇用側の企業が隅から隅までチェックする必要があります。
仮に、求人に対する採用内容を専用のプログラムで自動で決めているとすると大問題です。
年齢・性別・学歴・資格などの情報をアルゴリズムで順番(または、消去法)で判断していくわけですから、その人の人間性までを判断する能力はありません。
この項目における残りの文字数が心もとなくなってきてしまいましたので、続きの文章の記述を次項に移してみたいと思います。
Copyright (C)2017取って安心!WEB系資格.All rights reserved.